髪の知識

DHT(ジヒドロテストステロン)とAGAの関連


若いうちから薄毛を発症しているときには、AGAである可能性が高いです。AGAによる薄毛になる原因は男性ホルモンでることがわかっており、睾丸で生成されるものとしてテストステロンがあります。このテストステロンと体内にある還元酵素の5αリダクターゼが結合することで、ヘアサイクルを乱してしまうDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。


DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭に影響を与えて毛母細胞の働きを抑制してしまいます。DHT(ジヒドロテストステロン)は全ての男性が持っていますが、この男性ホルモンの影響を受けやすい毛母細胞の受容体を持っているかどうかによって、AGAを引き起こしてやすいかどうかが決まると言えます。DHTの影響を受けにくい毛母細胞の受容体であれば、薄毛の心配をしなくても良くなります。このように薄毛にはDHTが強く関係していることがわかりましたので、AGAによる薄毛を治療するにはこのDHTの生成を防ぐ必要があります。世界や日本で認可を受けているAGA治療薬としてプロペシアがあり、医療機関を受診することで処方してもらえます。


一般的な皮膚科や薄毛治療を専門的に行っているクリニックを受診することで、プロペシアを入手できます。プロペシアの主成分はフィナステリドで、この成分は還元酵素の5αリダクターゼの働きを妨げることで、DHTの生成を抑制することができます。継続的にプロペシアを服用することで、DHTの生成を妨げることが可能となり、それによって通常のヘアサイクルに毛周期を戻せます。プロペシアによる薄毛治療で高い効果を得るためには、半年以上の期間をかけて継続的に治療薬を服用する必要があります。プロペシアなどのAGA治療薬の処方では、健康保険が適用されませんので、治療費が高くかかってしまうことを想定しておくことが大切です。平均的な目安としては、1か月あたりにつき1万円ほどの費用がかかります。プロペシアの他にも、血管を拡張させる作用のあるミノキシジルの処方を行っているクリニックも数多くあります。