髪の知識

女性が妊娠・出産時に髪が薄くなる理由とは?


妊娠、出産は女性にとっては一大イベントのひとつです。これはまた、女性の体にも大きな変化をもたらします。そのひとつが、女性ホルモンの分泌量の変化や、そのバランスの乱れです。女性ホルモンは女性の心身の健康、美を司っていると言っても過言ではない存在です。そのため妊娠したり、出産前後になると心身に対して不調が出てくることも多くなります。顕著に出やすいのは、頭髪のトラブルです。毛髪が細く、弱くなったりしたり、抜け毛の量が多くなると言うことが多く、それが進行して部分的に薄毛が出てきてしまうと言うことも珍しくありません。


女性ホルモンは、発毛や育毛に対しても大きな役割を果たしているので、これはごく当然の症状です。むしろ気に病み過ぎてしまうと母体の健康に支障が出てくる恐れもありますし、そのストレスがより女性ホルモンの分泌バランスを崩し、症状を進行させることもあるので注意が必要です。出産してしばらくすれば、女性ホルモンの分泌量やバランスもじょじょに回復していきます。個人差があるので一概に何カ月後と言うことはできませんが、自然にこうした頭髪トラブルも回復していくのが一般的なので安心して下さい。もし出産後、かなりの時間が経過していも頭髪トラブルが回復しないと言う場合でも、医療機関に相談をして正しい治療を受ければ、ほとんどの場合は改善を見込むことができます。気になる治療に関してですが、この場合の薄毛は男性型脱毛症であるAGAとは根本的なメカニズムが異なります。


ですからAGA治療とは異なる治療法がとられることが一般的です。またAGA治療で使用されているプロペシアは、女性には利用が固く禁止されているので、やはりその力に頼らない治療法がとられます。具体的には、分泌量が著しく低下してしまったり、バランスが崩れてしまった女性ホルモンを回復させる治療法が用いられたり、頭皮の環境を整えるための育毛剤などが使用されたりもします。育毛剤に関しても、男性のAGA治療で用いられる育毛剤とは成分や使い心地が異なるものが多く、これは女性の頭皮は男性に比べてデリケートなためです。