髪の知識

頭皮にある皮脂と薄毛との関係を解説


頭皮の皮脂は、頭皮にとって大切なものです。薄毛予防のために頭皮の皮脂は必要ないと思って取りすぎてしまうと、かえって薄毛を招く結果になってしまいます。皮脂を取るようなケアを必要以上に行うことはよくありません。


皮脂には皮脂の役割があります。頭皮を紫外線など、外からの刺激から守っているのも皮脂です。頭皮にとって大切なものだからこそ、洗い過ぎると過剰に分泌されます。皮脂が足りないということは、頭皮にとって危機的なことだからです。皮脂を敵視する必要はありません。酸化して古くなった皮脂だけを洗い流せば十分です。洗い過ぎるとかえって皮脂の過剰分泌を招いたり、頭皮が乾燥してトラブルの元になります。正しいケアをしましょう。


薄毛が気になるのなら、まずは使用しているシャンプー剤の見直しをしましょう。一般的に手に入りやすい安価なシャンプー剤は、高級アルコール系のシャンプーで、洗浄力が強すぎます。また、化学成分がたくさん入っているため、頭皮の刺激になる可能性があります。適度に汚れを落とし、バランスを整えてくれるシャンプー剤を選びましょう。


洗い方も大切です。一日に洗髪は一回に留めましょう。洗い過ぎはよくありません。洗髪のタイミングは就寝前がよいです。寝ている間に修復されますので、清潔な状態で寝たほうがよいです。汚れを取り除いた清潔な頭皮を新しい皮脂で覆うための時間も作ることができます。


朝、出かける前に洗うのはよくありません。皮脂を落としてしまいますから、無防備な状態で紫外線など外からの刺激にさらされることになります。洗髪は正しく行いましょう。


準備として、ブラッシングでもつれた髪をとき、落とせる汚れを落としておきます。ぬるま湯をつかって十分に予洗いをしたあと、泡立てたシャンプーを頭にのせ、地肌を中心に洗っていきます。すすぎも十分に行いましょう。リンスやトリートメントは地肌に付かない様につけ、しっかりとすすぎます。