髪の知識

肩凝り・首凝りは頭皮の状況と関係しているの?


毛根には、髪の毛を生成させるための細胞が存在しています。細胞には栄養と酸素が含まれている血液が血流に乗ることで届けられているのですが、肩凝りで血流が悪化すると細胞まで栄養と酸素が届かなくなります。


髪の毛を生み出すために要する栄養素が届かなくなると、少しずつ毛が細くなり始め、完全に成長することなく抜け落ちます。その結果、薄毛となって症状が見受けられるようになるのです。


血流が悪くなって間もないのであれば、適切な処置を講じれば元に戻すことができるものの、不安定なまま長期間が経過すると毛周期にも乱れが起こり、毛が生み出される期間が著しく短くなるといった事案に陥ります。肩凝りが慢性的なものの場合は、自分で気付くことができないことがあります。そこで、確かめる方法として挙げられるのが頭皮を触ってみるという事です。


実は、重度の肩の凝りに見舞われている方というのは頭皮も凝り固まっているのです。用いるのは指一本のみなので、いつでもどこでも確認することができる簡単な方法です。


自分の指を頭皮に当てて前と後ろに動かす事ができるか調べてみましょう。同じ要領で左右にも指を動かし皮膚が柔軟に動くかを確認してください。全く動かすことができない場合は血行が著しく悪化している恐れがあります。


また、肩の凝りはストレスによって引き起こされる事もあるのです。
ストレスが起因で首や肩が凝っている場合は、同じタイミングでホルモンバランスが乱れたり自律神経が乱れるといった症状が引き起こされます。そのため薄毛と抜け毛に悩まされるだけではなく、体調不良にも見舞われることになります。頭部などの一部分にダメージが負うのではなく、全身にダメージが生じるだめケアが著しく困難になってしまいます。


薬などを塗布することで症状が緩和されるように感じられる事もありますが、あくまでも一時しのぎに過ぎません。解決するためには運動を毎日継続し筋肉を柔軟にするしかありません。