髪の知識

薄毛と飲酒・喫煙とは関連性があるの?


薄毛は多くの人にとって悩ましい問題です。加齢に伴い頭髪がさみしくなるのはしょうがないとしても、やはり気になるものです。


少しでも若々しくいるために普段からできること、やってはいけないことに気をつけなければなりません。よく聞く飲酒・喫煙は薄毛と関係があるのでしょうか。あるとすれば、どう頭髪に影響を及ぼすのでしょう。


まず飲酒です。酒は百薬の長と言われるように、適量であれば血行は良くなり、リラックス効果もあり問題は無いように思えます。しかし度を超えるとやはり良くないようです。お酒は肝臓で分解されますが、その時アセトアルデヒドと呼ばれる毒性の強い物質が作られます。これを解毒効果で無毒なものにするのですが、その際アミノ酸やビタミンを消費します。アミノ酸には髪を強くするタンパク質や育毛の重要な栄養素、亜鉛を含みます。


これらが失われ、間接的に薄毛に繋がるというのが良くない理由です。また大量の飲酒でアセトアルデヒドの分解が間に合わなくなると、血中を巡ることになります。流れたアセトアルデヒドは脱毛を促すホルモン、ジヒドロテストステロンを増加させます。


これが、飲酒が頭髪に及ぼす影響のメカニズムです。過度な飲酒は薄毛に繋がってしまいます。


続いて喫煙です。喫煙するとたくさんの栄養素が消費されます。育毛に必要なビタミン群も大量に消費してしまうので、本来頭髪に与える栄養は減り、結果薄毛に繋がってしまいます。また、喫煙による血行不良や毛細血管の収縮は広く知られるところです。タバコを吸うと血流が悪くなる映像を見たことがある人も多いでしょう。必要な栄養素を運ぶ役割を担う血流が悪くなって頭髪に良いわけがありません。やはり薄毛を促進させる原因になります。


また、前述のジヒドロテストステロンについても悪い結果が出ています。喫煙者は非喫煙者に比べてジヒドロテストステロンの増加傾向が高く、その分薄毛へのリスクも増してしまいます。喫煙もやはり、薄毛への影響は大きいです。