髪の知識

薄毛と筋肉トレーニングとの間には何か関連性がある?


薄毛の原因となる物質のひとつにジヒドロテストステロンがあります。この物質は、男性ホルモンがある酵素によって変化したもので、結局、体内の男性ホルモンが増えると薄毛になりやすいといわれる理由がこれです。


さて、筋肉トレーニングをしますと、結果的に男性ホルモンが増えます。このために薄毛になりやすいと信じている人も多いのですが、実際のところはわかっていません。


ただ、筋肉トレーニングは、普通の人よりタンパク質を多く消費します。髪の毛などの体毛もタンパク質でつくられていますので、筋肉をつけるために使われるタンパク質が多くなりますと自然と髪の毛などにまわす分が減りますので、毛の成長を妨げるという理屈は成り立ちます。


反対に筋肉トレーニングをすることで、成長ホルモンの分泌が盛んになって、毛の成長に良いとか、運動によって血液の流れもよくなることから、新陳代謝が活発になって、それが毛の成長を促すという見方もあります。


筋肉トレーニングには、プロテインのようなタンパク質を主体とした補助剤を使うこともあります。これには、動物性のタンパク質を使っているものと植物性のタンパク質を使っているものがあります。このうち動物性のタンパク質は、筋肉をつくるのに使われない分は脂質に変化して、それが薄毛の原因となるジヒドロテストステロンを変化するということもいわれています。もし、薄毛が気になるのでしたら、植物性のタンパク質を原料とする補助剤を使うのが良いでしょう。


結論をいいますと、筋肉トレーニングが原因で薄毛になるかは、その人の体質や遺伝的な要素が大きいということです。それは、筋肉隆々の人でも髪の毛がふさふさしている人もいれば、そうでないひともいるからです。もし、薄毛が気になるのでしたら、筋肉トレーニングのせいにすることなく、病院などの医療機関で治療する方が効果的です。いまは薄毛に効果のあるよい薬もありますので、早めに治療をはじめたらいかがでしょうか。