髪の知識

薄毛改善に役立つ食材・サプリの成分とは?


古くから薄毛に悩まされている場合は、昆布やわかめなどの海藻類を口にすると良いと言われています。ところが、海藻類を多量に摂取しても発毛したり育毛するとは限りません。海藻類を摂取するよりも大切なのは、日々バランスが保たれている食事を摂るという事です。毛髪というのは質の良いタンパク質やミネラル、ビタミンEや亜鉛などが元になり生成されるのです。


つまり、こうした栄養素を積極的に摂る事が重要になります。まず、質が良いタンパク質を摂る事を目指しましょう。髪の毛というのは、成分分析を行うと99%がタンパク質で占められている事がわかります。およそ18種類にも及ぶアミノ酸が結びつく事により生成されたケラチンと呼ばれるタイプのタンパク質です。


ケラチンが不足する事で髪の毛が細くなり、薄毛に見えてしまう事が判明しています。良質なたんぱく質を求める場合は大豆や豆腐といった大豆製品を口にしましょう。大豆製品の他には枝豆をはじめ白身魚やマグロ、鶏肉や卵、牛乳やチーズも好ましいです。


次に、亜鉛を摂取し新陳代謝を向上させる事を目指しましょう。亜鉛の効能により、髪を生み出す毛母細胞の細胞分裂と再生が促進される上に、毛を刺激や摩擦などから保護するキューティクルを作り出す事もできます。単に薄毛を改善させるだけではなく、丈夫な毛が生えてくるようになります。納豆やアーモンド、ピーナッツやゴマなどに含まれておりクエン酸やビタミンCと共に得るとより一層効能が高まります。


そして、ミネラルも忘れてはならない成分です。ミネラルは鉄分と呼ばれる事もあるのですが、鉄分が不足してしまうと毛髪が乾燥しぱさつく要因になります。レバーやほうれん草、ピーマンや牛肉などに配合されておりミネラルを吸収する作用があるビタミンCと一緒に得ることにより円滑に体内に届くようになります。さらに、薄毛は女性ホルモンの減少も関与しているためビタミンEで女性ホルモンの分泌を促す方法も有効です。