薄毛治療の知識

薬だけでないAGA治療


「AGA」治療が最近話題です。一体その治療の何が注目されているのでしょうか。もちろん一番の注目はその効果でしょう。今までは、薄毛や抜け毛に対する改善策としては市販の育毛剤を頭皮につけるのが最も一般的な方法でした。しかし、この「AGA」治療は、医療機関が、「AGA」に効果があるとされる成分の、ミノキシジルとプロペシアを処方することを中心にして改善を図っていく治療なのです。今までの育毛剤による改善策と違うのは薬を飲んで、体の内側から改善を図るという点でしょう。医師の処方が必要な薬ですから、何となく効きそうな期がしてきますね。実際、明確な根拠があって処方していますから、改善に期待が持てます。


ここでひとつ注意したいことがあります。先に挙げた薬ですが、個人輸入で外国から購入することが可能なのです。それをビジネスにしている会社もいくつかあります。ですから、同じ種類の薬を手に入れることができるのです。ただ違うのは、その薬は外国製であり、いわゆるジェネリックですから、その品質に関して責任が持てない、中には粗悪品がある可能性もあるのです。ですから、本来ならば、ミノキシジルやプロペシアを服用すれば改善の兆しがみえるはずのところが、全く見られない。そんなケースもあるのです。ですから、出来る限り、医師に処方された、国産の薬を選んで飲み続けることがいいのです。そのように薬だけを飲んでいればいいという考え方はおススメできません。医療機関に通うのは確かに費用が掛かります。しかし、「AGA」治療に前向きに取り組んでいる医療機関は、薬の服用だけにとどまりません。


わかりやすく、端的に言うと、対処療法で終わらせずに、根本的な治療を行うところと言えます。まずは、患者の体質を明らかにし、頭皮もチェックし、それにあった薬を処方することから始まります。その上に独自の治療法を取り入れています。そんな医療機関に通いましょう。例えば、内服薬+外用薬+発毛メソセラピーの三重体制で治療しているクリニックや、HARG療法やプラセンタ注射を患者によっては取り入れているクリニックもあります。処方する薬だけで600種類以上も開発しているクリニックなどもあります。悩みを解消したい、真剣に治療に取り組みたいという人は、「AGA」に注力しているクリニックでの治療を受けることをおススメします。